手作りのスイーツを振る舞う生徒たち(京都府南丹市園部町・京都聖カタリナ高)

手作りのスイーツを振る舞う生徒たち(京都府南丹市園部町・京都聖カタリナ高)

 京都府南丹市園部町の京都聖カタリナ高で、生徒たちが手作りのスイーツを振る舞う「高校生カフェ」がこのほど開かれ、保護者や教職員が、心のこもったクレープなどを味わった。

 カフェは栄養学や調理を学ぶ普通科調理・パティシエ系の3年生が学習成果を発表する場で、今回で10回目を数えた。生徒13人がアイデアを出し合い、「地産地消」をテーマに同市美山町の牛乳や卵を使ったクレープやシフォンケーキ、サブレを作った。
 生徒たちは、保護者らに笑顔で接客。イチゴやオレンジなどのフルーツも添え、スイーツを彩った。
 生徒の祖母(71)=亀岡市千代川町=は「一生懸命さが伝わってきた」とうれしそうに味わっていた。フロアリーダーを務めた女子生徒(18)は「感謝の気持ちを込めて作りました」と話した。