<旬の献立を探しに 小平泰子>

 ゴボウが余ったら、こんなほくほくした一品はいかが。気長に時間をかけてゴボウに火を通し、ベーコンのうま味を引き出し味を絡めるよう焼いて。 


【材料】(2人分)

ゴボウ(太めのもの)    70グラム
ベーコン(ブロック)    50グラム
オリーブオイル    大さじ2
黒こしょう    適量


【作り方】

(1)ゴボウは土を洗い流し、1センチ幅に切る。ベーコンは1センチ×3センチの大きさに切る。
(2)フライパンにオリーブオイルを注いで火にかけ、温まったら(1)を入れて弱火で火が通るまでじっくりと焼く。途中、ひっくり返す。
(3)皿に盛り、黒こしょうを振る。


◆小平泰子 こひら・やすこ 1977年京都市生まれ。旬の食材を使い、和食にとらわれず、食材の組み合わせの面白さを提案したレシピを考案。中京区烏丸三条と東京・日本橋で料理教室を開く。近著に「季節の野菜と果物でかんたんおつまみ」がある。インスタグラムはyasukokohiragokan