<旬の献立を探しに 小平泰子>

 私は手袋などをしてもみますが、やけどをしないよう塩をしっかりまぶしておたまなどでもんでください。密閉容器に入れておくと辛味が増します。 


【材料】(作りやすい分量)

からし菜    1把(400グラム)
塩    小さじ2
冷やご飯    適量
番茶    適量
いりごま    適量

【作り方】

(1)からし菜は粗く刻んでざるに入れ、たっぷりの熱湯をかけて、からし菜の色が変わったら塩を振ってお箸であえ、おたまの背などを使って上から押さえつけてよくもむ。
(2)手早く密閉容器や瓶などに入れてふたを閉め、冷蔵庫の野菜室に入れて半日ほど置く。
(3)茶碗に冷やご飯を少なめに盛り、(2)の水気を軽く絞って適量のせ、上から熱々の番茶をたっぷりとかけ、いりごまを振る。


◆小平泰子 こひら・やすこ 1977年京都市生まれ。旬の食材を使い、和食にとらわれず、食材の組み合わせの面白さを提案したレシピを考案。中京区烏丸三条と東京・日本橋で料理教室を開く。近著に「季節の野菜と果物でかんたんおつまみ」がある。インスタグラムはyasukokohiragokan