<旬の献立を探しに 小平泰子>

 手がいちばんの調理道具です。手で混ぜるとうまくなじみますよ。畑菜は細かく刻んだ方がたれと絡まりやすく、食べやすいです。 


【材料】(作りやすい分量)

畑菜    1把(300グラム)
いりごま    大さじ4
A=だし大さじ2、薄口しょうゆ大さじ1、からし適量

【作り方】

(1)畑菜は熱湯でサッとゆでて水に取り、水気を絞って1センチ幅に細かく切る。
(2)すり鉢にいりごまを入れてすり、しっとりしてきたらAを入れてなじませる。
(3)(1)を軽く絞って(2)に入れ、手でざっくりと混ぜ合わせる。


◆小平泰子 こひら・やすこ 1977年京都市生まれ。旬の食材を使い、和食にとらわれず、食材の組み合わせの面白さを提案したレシピを考案。中京区烏丸三条と東京・日本橋で料理教室を開く。近著に「季節の野菜と果物でかんたんおつまみ」がある。インスタグラムはyasukokohiragokan