卓球の全日本選手権ジュニアの部の男子シングルスで決勝に進み、プレーする小学6年の松島輝空(丸善インテックアリーナ大阪)

卓球の全日本選手権ジュニアの部の男子シングルスで決勝に進み、プレーする小学6年の松島輝空(丸善インテックアリーナ大阪)

一般の部男子シングルスで5回戦に進出した大島祐哉

一般の部男子シングルスで5回戦に進出した大島祐哉

 卓球の全日本選手権第4日は16日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、ジュニアの部の男子シングルスで12歳の松島輝空(木下グループ、京都市伏見区)が決勝に進出した。小学6年の松島は初めての決勝進出。同種目で小学生での決勝進出は大会史上初の快挙となった。続く決勝では吉山僚一(愛工大名電中)に敗れ準優勝となった。