臨床検査機器メーカーのアークレイ(京都市上京区)は4日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイに中東地域で初めての営業拠点を設立した。経済成長に伴い、生活習慣病が増加しつつある中東の営業を強化する。

 新拠点はドバイ国際空港内に立地。人員3人を配置し、患者向けの血糖値測定器を中心に販売し、中東での売上高は5年後に現在の4倍を見込む。

 これまではオランダの拠点が欧州、中東、アフリカを担当していた。海外拠点は13カ国目。