イベントに京アニ応援への思いをこめる京都文教大の学生たち(宇治市宇治・ぶんきょうサテキャン宇治橋通り)

イベントに京アニ応援への思いをこめる京都文教大の学生たち(宇治市宇治・ぶんきょうサテキャン宇治橋通り)

 京都府の宇治を舞台にした「京都アニメーション」の人気アニメ「響け!ユーフォニアム」のファンや地元住民が集まるイベント「響け!みんなのお楽しみ会」が19日、宇治市宇治のゆめりあうじ(JR宇治駅隣)などで開かれる。京都市伏見区の京アニ第1スタジオの放火殺人事件発生から、18日で半年。主催する京都文教大の学生は「作品を通じて多くの人が楽しい時間を過ごすことが、京アニの応援につながる」と準備に励む。

 吹奏楽に打ち込む高校生の青春を描いた「響け!―」の放送(2015年)を契機に、学生の自主的な活動として「響け!元気に応援プロジェクト」が発足。現在は1~4年の約30人が参加する。年2回開くお楽しみ会は、府内外から100人以上のファンが集まる恒例イベントになっている。
 今回は、宇治橋通り商店街の和菓子店や肉屋など5店舗を回るスタンプラリーを初めて企画した。ゆめりあうじでは「響け!みんなの休憩所」と題して、アニメのワンシーンをテーマにしたクイズ大会を催し、主要キャラクターの誕生日会などもする。
 事件の発生から半年。再建中の京アニに関して、2年の角谷英俊さん(21)は「『悲しすぎて事件を思い出したくない』など、それぞれの人が複雑な思いを持っているはず」とした上で、「元気や勇気をもらった作品だからこそ、前を向いて楽しむことが、京アニを支えることにつながる。訪れる人に喜んでもらえるイベントにしたい」と話す。
 スタンプラリーは午前11時からで、休憩所は午後1時から。参加無料。