【写真左から】京みぶ菜と油揚げの豚鍋、京野菜の聖護院かぶらほっこりスープ、聖護院かぶらと生ハムのサラダ

【写真左から】京みぶ菜と油揚げの豚鍋、京野菜の聖護院かぶらほっこりスープ、聖護院かぶらと生ハムのサラダ

 セブン―イレブン・ジャパンは、京野菜の聖護院かぶと壬生菜を使った豚鍋やスープなど3種類の期間限定メニューを近畿圏のセブン―イレブン約2800店舗で販売している。同社が京都府と2009年に結んだ地域活性化の包括連携協定の一環で、地元食材を使ったオリジナル商品で府内産農産物をPRする。

 「京みぶ菜と油揚げの豚鍋」(505円)には、壬生菜と白菜、油揚げなどが入っており、本みりんで甘みとコクの出た和風だしとともに楽しめる。
 「京野菜の聖護院かぶらほっこりスープ」(399円)は、多めのホウレンソウにみぞれ状のかぶを乗せ、ユズ風味の食べ飽きないスープに仕上げた。「聖護院かぶらと生ハムのサラダ」(235円)はフレンチドレッシングで洋風の味付けにしている。
 3商品とも2月中旬ごろまで販売する予定。