京都府警本部

京都府警本部

 「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件で、殺人などの疑いで逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41)は現在も京都市内の病院に入院している。やけどが完治しておらず、逮捕して勾留する際には収容施設の医療態勢や衛生環境に配慮する必要があるという。府警は京都地検や病院などとの調整を続けながら、逮捕のタイミングを慎重に検討している。

 捜査関係者によると、青葉容疑者は事件で重いやけどを負い、重篤な状態に陥ったが、皮膚移植を繰り返すなどして容体が回復し、命に危険な状態は脱している。現在は歩行や食事など日常生活を送るためのリハビリに取り組んでいるという。
 事件は昨年7月18日午前10時半ごろに発生した。青葉容疑者が第1スタジオに正面玄関から侵入し、ガソリンをまいてライターで火を付けて建物を全焼させ、屋内にいた社員70人のうち36人を殺害、33人に重軽傷を負わせたとされる。
 府警は11月8日、青葉容疑者の入院先に捜査員を派遣し、任意の事情聴取を実施した。青葉容疑者は事件当日に身柄を確保された時と同様、「小説を盗まれたから火を付けた」と供述。さらに「多くの人が働いている第1スタジオを狙った」と話し、事件3日前にさいたま市の自宅を出て京都に向かう時から事件を起こすつもりだったとの趣旨の供述もした。