京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)

京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)

 京都市伏見区桃山町因幡のアニメ製作会社「京都アニメーション」第1スタジオが放火され、36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件で、3階から屋上に通じる主階段(屋上階段)で見つかった犠牲者20人のうち、19人は階段の踊り場より上で倒れていたことが捜査関係者などへの取材で分かった。うち5人は屋上に出る扉の手前まで到達していた。扉の鍵はかかっておらず、多くの犠牲者が脱出寸前だったことが明らかになった。事件は18日で発生から半年を迎える。

 屋上階段は中間にある踊り場を挟んで3階から屋上に通じ、幅約1・2メートル、高さ約3メートル。十数段ある。
 捜査関係者らによると、屋上階段で見つかった20人はいずれも当時3階にいた社員。踊り場から上の階段(図①)で14人が折り重なるように倒れ、5人は階段を上り切った屋上扉手前の空間(図②)で見つかった。
 3階にいた社員の中には避難経路となっていた主階段で2階に下りようとしたが、煙に阻まれた人たちがいた。「屋上に逃げろ」という社員の声を聞いた人もいたという。これらの人が屋上階段に向かったとみられる。
 残る1人は3階と踊り場の間の階段(図③)で倒れていた。19人と同様に屋上へ向かったが、踊り場にもたどり着けなかったとみられる。
 京都市消防局が生存者に行った聞き取り調査によると、屋上避難に加わろうとした1人は途中で呼吸困難に陥り断念。偶然見つけた3階の窓を開けて外に出て、外壁にあった突起部に足を掛けて、はしごをつたい下りて脱出した。
 出火当時、3階では社員27人が作業していた。3階の窓から脱出した1人以外に、6人は異変に気付いてすぐに主階段で2階に下り、ベランダと窓から飛び降りて屋外に出たという。
 青葉真司容疑者(41)=殺人などの疑いで逮捕状=は、ガソリンをらせん階段脇にまき、ライターで火を付けたとされる。今も入院中で、京都府警の事情聴取に「多くの人が働いている第1スタジオを狙った」などと話しているという。