(左から)門川氏、村山氏、福山氏

(左から)門川氏、村山氏、福山氏

 任期満了に伴う京都市長選(2月2日投開票)が19日告示され、現職の門川大作氏(69)=公明党、自民党京都府連、立憲民主党府連、国民民主党府連、社民党府連推薦=、新人の前京都市議村山祥栄氏(41)、新人の弁護士福山和人氏(58)=共産党、れいわ新選組推薦=の3人が無所属で立候補を届け出た。

 過去2回の同市長選は「国政与野党相乗り対共産」で事実上の一騎打ちだったが、今回は構図が一変し、4選を目指す門川氏に対して、新人の村山、福山両氏が挑む3極の争いとなる。

 人口減少と少子高齢化が加速する中、厳しい市財政の立て直しや、訪日観光客の急増が市民生活を脅かす「観光公害」の解決が主な争点となる。