陸上の選抜女子駅伝北九州大会は19日、福岡県北九州市役所前発着で一般5区間、高校6区間の27・4キロで行われ、一般はデンソーが1時間27分29秒で初めて制した。高校は神村学園(鹿児島)が1時間28分24秒で2年連続3度目の優勝を果たした。立命館宇治は1時間31分21秒で4位だった。

 立命館宇治は2区(3・8キロ)を12分10秒で走った三原梓が12分10秒で区間賞。3区(3・9キロ)でも村松結が12分56秒で区間賞に輝いた。