京産大ラグビー部の監督に就任する伊藤鐘史氏

京産大ラグビー部の監督に就任する伊藤鐘史氏

 関西大学ラグビーリーグの京産大を47年間指導し、昨季で勇退した大西健監督(69)の後任に、OBで元日本代表の伊藤鐘史FWコーチ(39)が就任することが19日、分かった。元木由記雄ヘッドコーチ(48)はゼネラルマネジャー(GM)となり、新任のバックスコーチにOBで元日本代表の広瀬佳司氏(46)が加わる。

 伊藤新監督は兵庫工高から京産大に進み、主将として全国大学選手権に出場した。トップリーグのリコーと神戸製鋼で活躍し、31歳で日本代表入り。南アフリカを破った2015年ワールドカップ(W杯)イングランド大会に出場し、チームの躍進に貢献した。代表キャップ数は36。18年4月からFWコーチを務めてきた。
 この日、京都市内で部員らに就任を報告した。伊藤新監督は「監督としてのミッションはチームをより進化させること。大西先生からバトンを受け継ぐことは大変名誉なことだが重責もある」と心境を語った。目指すチームの方向性について京都新聞の取材に対し、「京産大の原点を見つめ直し、日本一の運動量、フィットネスを生かした速いラグビーを実現したい。スクラムとモールもさらに進化させたい」と決意を述べた。
 大西監督は「良いチームの土台は築けたと思うので、若い人が花を咲かせてくれれば。日本一を目指してほしい」とエールを送った。