アールデコ調の歴史的建造物「高島屋東別館」=20日午前、大阪市

 アールデコ調の歴史的建造物「高島屋東別館」=20日午前、大阪市

 高島屋は20日、アールデコ調の歴史的建造物「高島屋東別館」(大阪市浪速区)の改装開業を記念し、式典を開いた。核となるテナントとして長期滞在を想定した外資系ホテルが入る。主に訪日外国人の利用を見込み、近くにある高島屋大阪店への誘客につなげる狙いだ。

 ホテルはシンガポールの不動産大手傘下企業が運営する「シタディーンなんば大阪」で、18日に開業した。客室は313室あり、一部には家電や台所を備える。

 東別館は昭和初期に松坂屋大阪店として建設され、当時の百貨店建築を今に伝える。1969年に高島屋が取得したが、アクセスが不便で有効な活用方法を模索していた。