朝日を浴びて、丘一面に咲くヒマワリ(京都府綾部市位田町・綾部ふれあい牧場)

朝日を浴びて、丘一面に咲くヒマワリ(京都府綾部市位田町・綾部ふれあい牧場)

 ヒマワリ約5万本が、京都府綾部市位田町の観光施設「綾部ふれあい牧場」で満開となった。夏の青空の下、猛暑に負けず大輪の花を咲かせ、市民や観光客の目を楽しませている。

 ヒマワリ畑は牧場の丘約4千平方メートルに設けられた。牧場では一昨年も栽培が試みられたが、雑草が多くて失敗。牧場内の乗馬クラブとレストランの関係者が土づくりから取り組み、「2度目の正直」で満開にした。

 綾部市の最高気温は連日35度前後が続いており、ヒマワリ畑には朝早くから見物客が訪れていた。同じ方角を向いたヒマワリが斜面一面に咲き誇る様は絵画のよう。しきりに写真を撮る人もいた。満開は10日ごろまで続く。