京都市役所

京都市役所

 京都市交通局は2日、市営地下鉄松ケ崎駅(左京区)のいずれも40代男性駅員2人が計7万4030円分の地下鉄回数券(計244枚)を不正に発券して盗んでいたと発表した。松ケ崎駅の業務を委託している市交通局協力会(右京区)の職員と契約職員で、同会は2人を8月1日付で解雇した。

 市交通局によると、2人は今年4月1日~7月21日の勤務中、事務所内の機械で、発券途中に中止ボタンを押すと記録が残らないことを悪用し、職員は154枚計約5万4千円分、契約職員は90枚計約2万円分を盗んだ。契約職員はほぼ私的に使ったとし、職員は「自宅などで廃棄した」と話しているという。

 5月上旬に市に匿名で通報があり、機械のデータや防犯カメラなどを調べ、発覚した。