南九州インターハイ(全国高校総体)第8日は3日、宮崎市総合体育館などで8競技が行われ、バレーボール男子準決勝で東山が0―2で松本国際(長野)に敗れ、決勝進出を逃した。松本国際は決勝で東北(宮城)を倒し、8年ぶり2度目の優勝を飾った。テニス女子団体は京都外大西が8強入りしたが、準々決勝で野田学園(山口)に0―2で敗れた。

 重量挙げ男子102キロ級トータルは岡崎龍聖(堅田)が3位、下村優輝(加悦谷)が6位に入賞。同102キロ超級トータルは新宅陽大(安曇川)が6位に入った。

 カヌーは台風の影響で4日間の日程が2日間に短縮され、競技が始まった。