「わく星メイカー」で、映像に手をかざし惑星をつくる子どもたち(京都市左京区・みやこめっせ)

「わく星メイカー」で、映像に手をかざし惑星をつくる子どもたち(京都市左京区・みやこめっせ)

 子どもたちが科学の面白さに触れる「こども科学博」が3日、京都市左京区のみやこめっせで始まった。惑星ができる仕組みを学んだり無重力状態に似た感覚を体験したりするコーナーがあり、小学生らが宇宙の不思議に挑んだ。

 若手研究者の支援などに取り組む公益財団法人稲盛財団(下京区)が子どもの知的好奇心を引き出す場をつくろうと、設立35年目の節目に初めて開催した。

 会場には、宇宙に関する展示コーナーが10個設けられた。宇宙のガスやちりの映像の上に手をかざすと惑星が現れる「わく星メイカー」や、伸縮性のあるトンネル状の生地に入って無重力状態を疑似体験できる「スペーストンネル」は行列ができるほどの人気。「宇宙の広さは?」といった子どもの疑問に研究者が答えるコーナーや隕石(いんせき)の展示もあり、大勢の親子連れでにぎわっていた。