世界平和の実現を祈り、黙とうする諸宗教の代表者や参列者(大津市・延暦寺)

世界平和の実現を祈り、黙とうする諸宗教の代表者や参列者(大津市・延暦寺)

 宗教や宗派の違いを超えて国内外の宗教者が集う「世界平和祈りの集い」が4日、大津市の天台宗総本山・延暦寺であった。仏教や神道、キリスト教、イスラム教などの代表者ら約900人が参列、紛争や迫害のない世界の実現を祈った。

 会場となった延暦寺「祈りの広場」の舞台には地球を見立てた球体が設置され、全国の青少年や参拝者が折った折り鶴が奉納された。森川宏映天台座主は「武力による威嚇や衝突が絶えない今こそ、恒久平和実現のために世界の宗教者が努力し、その使命を全うすることを誓う」と述べた。

 続いて、各宗教の代表者11人が登壇。境内にある「世界平和の鐘」が打ち鳴らされるなか全員で黙とうした。ローマ教皇庁諸宗教対話評議会や世界仏教徒連盟からのメッセージも紹介され、参列者が諸宗教間の対話や協調を通じた平和構築への思いを新たにした。

 世界平和祈りの集いは、1987年に開かれた「比叡山宗教サミット」の精神を受け継ぐため、天台宗国際平和宗教協力協会が毎夏、開催している。