子供たちと楽しく走る桐生選手(大阪市・市立港スポーツセンター)

子供たちと楽しく走る桐生選手(大阪市・市立港スポーツセンター)

 陸上男子100メートルで日本人初の9秒台をマークした桐生祥秀選手(日本生命、洛南高―東洋大出、滋賀県彦根市出身)による陸上教室が4日、大阪市内で開かれた。

 教室は所属先の日本生命が昨年から全国で開催し、今年は6カ所で予定。大阪では初開催となり、同市内を中心に240人の小学生が集まった。

 桐生選手は腕振り、もも上げ、スキップなどで体の動きを解説。子供たちに声を掛けながら丁寧に指導した。シドニー五輪日本代表で桐生選手のコーチを務める小島茂之氏(アシックスジャパン)とともに、短距離走のフォームを伝授した。

 最後は選抜された10人との全力勝負に臨んだ。快足を披露すると、大歓声が上がった。9月の世界選手権に向け「日本代表を勝ち取り、みんなに応援してもらえるよう頑張ります」と決意を示し、大きな拍手を受けていた。