守備の連係を確認する近江ナイン(同高)

守備の連係を確認する近江ナイン(同高)

 2日に宿舎(大阪府池田市)入りしていた近江ナインは、滋賀県彦根市の自校グラウンドに戻って約2時間、汗を流した。初戦の相手が強豪の東海大相模(神奈川)となり、選手たちは気合十分で練習に取り組んだ。

 午前10時からウオーミングアップを開始。続けて内外野のノックで守備を確認した。内野手で副主将の安田は「観客の声が大きい甲子園に備え、ジェスチャーも練習した」と話す。初戦が第6日になり、「期間が空くので一番は体調管理に気をつける」と語った。

 後半はマシンを使い、左腕を多く擁する東海大相模を想定した打撃練習を行った。酷暑の中、エース林ら投手陣は限られた時間で集中して投げ込んだ。捕手陣は前夜に東海大相模の映像を見て打者の特徴を研究したといい、控え捕手の長谷川は「相手が強豪に決まり、投手たちの意識も変わった。万全の状態でマウンドに上げられるようにしたい」と意気込んでいた。