暑さを和らげようと、打ち水する子どもやひこにゃんら(滋賀県彦根市本町2丁目・夢京橋キャッスルロード)

暑さを和らげようと、打ち水する子どもやひこにゃんら(滋賀県彦根市本町2丁目・夢京橋キャッスルロード)

 厳しい暑さを少しでも和らげようと、滋賀県彦根市本町2丁目の夢京橋キャッスルロードで5日、恒例の「打ち水大作戦」が始まった。市の人気キャラクター「ひこにゃん」も参加し、涼しさを呼び込んだ。

 彦根夢京橋商店街振興組合が毎夏、ヒートアイランド現象防止を目的に実施。組合加盟の店が「処暑」の23日まで打ち水する。

 この日の彦根市の最高気温は35・0度。暑さが多少和らいだ午後5時ごろ、浴衣姿の子どもやひこにゃんらがひしゃくを手にし、熱がこもった石畳に水をまいた。観光客が見物し、涼しげな光景に笑顔を見せた。

 10日に一帯で開かれる「彦根ゆかたまつり」への明治安田生命保険相互会社からの助成金贈呈式もあった。