初戦に向け、トス打撃に励む立命館宇治ナイン(立命大柊野グラウンド)

初戦に向け、トス打撃に励む立命館宇治ナイン(立命大柊野グラウンド)

 京都代表の立命館宇治は秋田中央との初戦を翌日に控えた6日、京都市北区の立命大柊野グラウンドの室内練習場で約2時間練習した。相手右腕の攻略をテーマに、ほとんどを打撃練習に充てて最終調整した。

 炎天下を避け、打撃練習の効率を上げる狙いで、京都府宇治市の自校グラウンドではなく大学施設を利用した。打撃マシン2台を相手右腕の松平が得意とするスライダーに設定、各打者が中堅方向へ鋭い当たりを飛ばした。

 ライナーを連発した3番上田は「しっかりタイミングを取り、ボール球を振らないようにしたい」。4番に座る2年の浅野は「狙い球を絞って積極的にスイングしていく」と表情を引き締めた。

 エースの高木はブルペンで投球練習し、「日に日にボールの回転が良くなってきた」と笑顔を見せた。里井監督ともキャッチボールをし、投げ急がないよう助言された。左腕は「ストライク先行で、自分の投球をする」と意気込んだ。

 里井監督は「リラックスした雰囲気の中、『これで負けたら仕方ない』と思えるほど十分な調整ができた」と手応えを話す。甲子園初勝利に向け「打撃の状態はいいので、5点取りたい」と見据えた。