高さ制限の防護けたにトレーラーのコンテナが衝突した事故現場(6日午後0時9分、宮津市由良)

高さ制限の防護けたにトレーラーのコンテナが衝突した事故現場(6日午後0時9分、宮津市由良)

  6日午前11時40分ごろ、国道178号を走行中の大型トレーラーが宮津市由良の京都丹後鉄道(丹鉄)宮舞線高架下を通過しようとした際、高さ制限(4メートル)のために設置された防護けたに衝突した。倒れた防護けたがけん引車とコンテナとの間に挟まり、立ち往生した。けが人はなかった。

 宮津署によると、衝突したのはトレーラーのコンテナ部分。事故の影響で国道178号は約3時間45分にわたり通行止めとなった。丹鉄は丹後由良―東雲間で約40分間運転を見合わせた。

 現場は由良川橋りょうにつながる高架下。