武者行列などが行われる「まいづる細川幽斎田辺城まつり」(2019年5月26日、舞鶴市南田辺・舞鶴公園)

武者行列などが行われる「まいづる細川幽斎田辺城まつり」(2019年5月26日、舞鶴市南田辺・舞鶴公園)

 文化人としても知られ、大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公明智光秀の盟友の戦国武将、細川幽斎にちなんだ恒例の「まいづる田辺城まつり」の実行委員会は、来年の開催日を例年より2週間ほど前倒しし、5月10日にする。英国の豪華客船「クイーン・エリザベス」の舞鶴港寄港に合わせるためで、クルーズ客や見物客もまつりに呼び込む。


 まつりは、城下町として栄えた西舞鶴の歴史を広くPRしようと、舞鶴商工振興会や舞鶴商工会議所などでつくる実行委が1992年から毎年5月の第4日曜日に開催してきた。
 クイーン・エリザベス(9万900トン、定員2092人)は5月10日午前7時に舞鶴港に入港し、午後7時に出港する予定。世界的に知られる豪華客船のため、乗船客だけでなく船を見に訪れる人も多いとみられ、まつりに立ち寄ってもらおうと開催日を変更した。
 実行委員会事務局は「大河ドラマの放映とクイーン・エリザベスとの相乗効果で、たくさんの人に来場してもらいたい」と期待している。