甘い香りを漂わせながら咲いているウメの花(2020年1月21日、京都市右京区嵯峨・亀山公園)

甘い香りを漂わせながら咲いているウメの花(2020年1月21日、京都市右京区嵯峨・亀山公園)

 京都市・嵐山地域の渡月橋上流にある亀山公園(右京区)で、早咲きのウメの開花が例年よりも早く進んでいる。ほんのりと甘い香りが漂う中、赤い小さな花が風に揺られ、訪れた観光客らの目を楽しませている。

 近所の住民の話では、例年は2月に入ってから見ごろを迎えるが、今年は記録的な暖冬のためか、1月初旬から咲き始めたという。一部の木では、八分咲きになっている。

 園内では、例年は4月に咲くツツジの花も、あちこちで開花している。