今夏最高気温を記録する暑さとなり、照りつける日差しを日傘でしのぐ人たち(10日午後3時24分、京都市・四条大橋)

今夏最高気温を記録する暑さとなり、照りつける日差しを日傘でしのぐ人たち(10日午後3時24分、京都市・四条大橋)

 日本列島は10日も広く高気圧に覆われ、全国各地で最高気温が35度を超える猛暑日となった。京都府内の2カ所では38・6度を記録、大阪府枚方市などとともにこの日全国で最も暑い地点となった。

 気象庁の府内8観測地点のうち、5カ所で今夏最高を更新した。京都市と京田辺市では午後3時20分過ぎに38・6度まで上がり、9日の38・2度(京都市)を上回ったほか、福知山市は37・9度、南丹市園部町は37・5度、同市美山町は36・9度となった。

 府内の各消防によると、同日夕方までに計25人が熱中症の疑いで搬送された。いずれも軽症という。

 京都地方気象台は11日も厳しい暑さを予想しており、こまめな水分補給や適切な冷房の使用を呼びかけている。