八村選手などユニークな手作りかかしが並ぶ(京都府京田辺市薪)

八村選手などユニークな手作りかかしが並ぶ(京都府京田辺市薪)

 京都府京田辺市の住民や子どもたちが作ったかかしを飾る「第14回薪里山かかしコンテスト」が10日、同市薪の京奈和自動車道高架下で始まった。ゲゲゲの鬼太郎や、米プロバスケットボールNBAで活躍が期待される八村塁選手など個性豊かな30体が並ぶ。

 地域の環境美化に取り組む市民グループ「ひまわりの会」が毎年開いている。

 住民有志のほか近くの幼稚園や信用金庫、地元飲食店などが参加。ペットボトルなどで作った土台に服を着せ、ペンなどで顔を描き込んだ。一休さんなど地元にちなんだ作品のほか、テニスの大坂なおみ選手やトランプ米大統領といった有名人も展示されている。

 17日午後4時まで展示し、現地で人気投票も行う。展示終了後は甘南備山散歩道の田んぼなどに置かれる予定。