出征兵士からの手紙や遺品などが並ぶ企画展(京都府南丹市日吉町郷土資料館)

出征兵士からの手紙や遺品などが並ぶ企画展(京都府南丹市日吉町郷土資料館)

兵隊が履いた軍靴や日の丸の寄せ書きが目を引くロビー展(京都府亀岡市文化資料館)

兵隊が履いた軍靴や日の丸の寄せ書きが目を引くロビー展(京都府亀岡市文化資料館)

 終戦から74年目の夏、京都府南丹市の日吉町郷土資料館と亀岡市の市文化資料館で、それぞれ「戦争」をテーマにした展覧会が開かれている。地元の遺族らから寄贈された戦地からの手紙や赤紙、軍服などの遺品が並び、戦争の悲劇と平和の尊さを物語っている。

 日吉町郷土資料館の夏季企画展「戦争の記憶」では、同館が日吉町内の遺族らから寄せられた遺品など約140点を展示する。赤紙と呼ばれる、戦地への召集告知用紙や出征ののぼりのほか、無事を祈って家族や地域住民が書いた日の丸の寄せ書きや千人針が並ぶ。学童疎開の児童の1日を記した紙芝居や戦没者遺族台帳もある。

 出征兵士が戦地から家族に宛てた手紙では、南太平洋のニューギニアに行くことが記されており、「こんな遠い所へ行かねばならぬとは夢にも思わなかった」と率直な思いがつづられた。検閲を免れたと見られ、「読めばすぐ燃やすほうがよい」と記されている。

 南丹市から出征してフィリピンで亡くなった、医師の血染めのハンカチや絵日記も悲劇を伝える。同館は「戦争を知らない人ばかりになっている。恐ろしさを考えるきっかけにして」と願う。

 9月16日まで。8月12日午後1時半から「京都戦争体験を語り継ぐ会」の今西儀夫代表が戦争体験について講演する。要入館料。

 亀岡市文化資料館で開かれているロビー展「戦争・平和展」では、出征兵士に送られた日の丸の寄せ書き3点が目を引く。いずれもこの1年間に遺族から寄せられたもので、「祈武運長久」「昭和20年6月26日」などと書かれている。

 使い込まれた軍靴や戦傷病者手帳、支那事変従軍記章などの遺品が並ぶ。戦時中に都市部から亀岡に移り住んだ「縁故疎開」に関する資料も展示し、体験談を募っている。

 25日午後2時からは、亀岡高等女学校のときに学徒勤労動員を経験した真継さき江さんが話す。ロビー展は9月8日まで。無料。