特別展示されているダイオウイカ(京都水族館)

特別展示されているダイオウイカ(京都水族館)

 謎多き深海生物「ダイオウイカ」の特別展示が21日、京都市下京区の京都水族館で始まった。体長約4・8メートル、重さ約140キロの巨大イカは氷漬けされた状態でエントランスに置かれ、来館者が驚いた様子で見入っていた。

 同館によると、ダイオウイカは世界最大のイカで、発見例が少なく生態はよく分かっていない。20日早朝、京都府伊根町沖の日本海で定置網に掛かり、同日午後に運び込まれた。京都の海の生態系を知ってもらう一環で22日まで展示し、その後は研究のため解剖する。

 展示されているダイオウイカはほとんど損傷がなく、近くで観察できる。来館者は大きさに歓声を上げ、寝転んで身長を比べたり、写真を撮ったりしていた。

 同館のラインニュースを見て駆け付けた大学2年の女性(21)は「深海魚が大好きで、間近で見られて幸せ。こんな大きな生物が海で泳いでいるかと思うと驚く」と笑顔を見せていた。

 ダイオウイカのみ無料で見られる。