オートバイとシカが衝突したとみられる県道の現場付近。付近には住宅が点在し、山林とは1キロほど離れている(大津市八屋戸)

オートバイとシカが衝突したとみられる県道の現場付近。付近には住宅が点在し、山林とは1キロほど離れている(大津市八屋戸)

 18日午前3時半ごろ、大津市八屋戸の県道で、同市大石東5丁目、会社員の男性(48)が倒れているのを通りがかった車の運転手が見つけ、119番した。男性は頭などを強く打ち、死亡した。近くには男性のオートバイと、シカ(体長約1・5メートル)が横たわっており、滋賀県警大津北署は衝突したとみて調べている。

 現場は、見通しが良い片側1車線の直線で、付近には住宅が点在している。