JR京都駅構内にオープンしたチーズティー専門店。抹茶を使った限定メニューもある(京都市下京区)

JR京都駅構内にオープンしたチーズティー専門店。抹茶を使った限定メニューもある(京都市下京区)

 台湾発祥の「チーズティー」の専門店とベーカリーが19日、京都市下京区のJR京都駅構内に同時オープンした。ともに関西初出店で、通勤通学客や外国人観光客の囲い込みを狙う。

 両店ともアパレル企業ベイクルーズグループ(東京都)が運営。チーズティー専門店「machi machi(マチマチ)」は、台湾の人気店のフランチャイズで日本では3店舗目。茶葉や抽出にこだわった台湾茶の上に、塩みのあるチーズクリームを乗せ、さっぱりとした味わいに仕上げた。480円から。

 ベーカリー「ブール アンジュ」は、デニッシュ生地の菓子パンや7種類の食パンなど常時50品以上を提供。宇治の老舗茶商の抹茶を使った京都限定のクロワッサン(250円)も販売する。

 同社は「関西での足がかりとして観光客も多い京都を選んだ。駅利用者に幅広く活用してほしい」とアピールしている。