市道の劣化が原因で電動車いすに乗った京都府木津川市の男性=当時(74)=がけがをしたとして、同市は市議会9月定例会で、損害賠償金107万円の専決処分の承認を求める。

 市によると、昨年10月、同市山城町綺田の市道で、道路の継ぎ目のゴムが劣化してできた溝に車いすの前輪がはまった。男性は転倒して胸椎を骨折し、89日間入院した。既に退院しているという。