前節は厳しいマークに苦しんだ一美

前節は厳しいマークに苦しんだ一美

 サッカーJ2の京都サンガは前節で水戸に0-3と完敗し、3位に下がって8試合ぶりにJ1自動昇格圏から脱落した。仕切り直しとなる24日の19位福岡とのホーム戦で、2試合続けて複数失点している守備を立て直せるか。

 サンガは水戸戦で得点源の一美が徹底マークされ、カウンターなどで失点を重ねた。仙頭は「攻撃時のリスク管理で隙があった。1-0で勝つのも大事だと思うし、まずは失点をなくしたい」と語る。

 福岡は6月から久藤監督に交代した。FWのヤン・ドンヒョンや松田(びわこ成蹊スポーツ大出)らが絡み、クロスからの攻撃パターンが目立つ。中田監督は「クロスを簡単に上げさせないような対応が必要。攻撃では一人一人がラストパスを狙いながら、攻め急がずにボールを回したい」と見据えた。