京都府南丹市美山町大野の日蓮宗・蓮乗寺の本堂など建物4棟が国の登録有形文化財建造物に登録されることになり、同寺は9月7、8両日、記念法要と祝賀行事を行う。

 7日午後1時から本堂での法要後、建物の文化財的価値についての説明があり、美山民謡会が祝いを兼ねて郷愁の調べを披露する。両日とも午後7時から建物のライトアップが行われ、本堂では、同寺が菩提(ぼだい)寺になる江戸前期の陶工・野々村仁清が作った「茶巾筒」を展示する。誰でも参加できる。

 国の文化審議会は7月、同寺本堂(木造平屋建て入り母屋造りの銅版ぶき)と番神堂、山門、鐘楼の登録を文科相に答申した。