画面上の選手を動かし得点を狙う参加者(草津市西渋川1丁目・エイスクエア)

画面上の選手を動かし得点を狙う参加者(草津市西渋川1丁目・エイスクエア)

 コンピューターゲームの腕前を競う「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」の競技の一つ、サッカー「ウイニングイレブン」の滋賀県代表決定戦が25日、草津市の商業施設エイスクエアであった。買い物客が大型モニターで見守る中、参加者は真剣な表情で映像を見つめゴールを狙った。

 1チーム3人が画面上の選手をそれぞれ動かし、対戦する。年齢制限がない「オープンの部」に3チームが出場しトーナメント戦で争った。参加者は素早い手つきでコントローラーを操作し、実戦さながらに細かくパスをつなぎ連携した。

 選手権は10月に茨城国体の一環で行われる。接戦を制し、代表を決めたチーム「バンチャーズ」の会社員村井優耶さん(27)=東近江市=は「動きが鈍くなる後半に仕掛ける作戦が良かった。全国大会も楽しみたい」と話した。高校生対象の「少年の部」に唯一参加した近江高も出場する。