京都府城陽市寺田の市男女共同参画支援センター(ぱれっとJOYO)は9月から来年3月まで、女性が抱える生きづらさへの理解を深める連続講座を初めて開く。将来的に、女性同士が悩みを相談し合える場づくりを目指す。

 講座は全5回の第1部と全3回の第2部がある。1部では、女性の貧困▽就業と家事・育児▽女性の体と心の問題▽DV(ドメスティック・バイオレンス)▽人と人が支え合うことの大切さ-の5テーマについて、専門家や実践的な活動をしている人を招いて学ぶ。2部では、実際に悩み相談に当たるのに必要な能力を身につける。

 同センターは講座の狙いについて「受講者がボランティアグループをつくり、女性同士が悩みを打ち明け合える場を設けてもらえれば」としている。

 申し込みは1部が先着30人。2部は1部を受講した女性が対象で、同15人。1部は男性も受け付けるが、参加できない回もある。原則として全回受講が条件。無料。

 申し込み方法など問い合わせは同センター0774(54)7545。