関西大学リーグの開幕を前に下鴨神社で必勝を誓う各校の主将たち

関西大学リーグの開幕を前に下鴨神社で必勝を誓う各校の主将たち

ムロオ関西大学リーグの日程

ムロオ関西大学リーグの日程

 31日に開幕するラグビーの「ムロオ関西大学リーグ」の記者発表が26日、京都市左京区の下鴨神社で行われ、Aリーグ(1部)8チームの監督や主将らが意気込みを語った。

 ワールドカップ(W杯)日本大会の期間中は中断するため、例年より約1カ月早く開幕する。昨季の全国大学選手権で天理大が準優勝したため上位4校(昨季は3校)が大学選手権に出場する。

 4連覇を目指す天理大が優勝候補の筆頭だが、全体は混戦模様。創部90周年を迎えた昨季2位の立命大・中林監督は「記念すべき年に関西制覇と大学選手権の上位進出を」と目標を掲げた。

 昨季3位の京産大・元木ヘッドコーチは「厳しい練習を積んできた。(来春に定年となる)大西先生を必ず胴上げしたい」と意気込みを語った。同5位から巻き返しを誓う同大の萩井監督は「(2年連続で)結果が出せていない。チャレンジャーとして戦う」と闘志をのぞかせた。

 各チームの主将と関西ラグビー協会の坂田好弘会長は、下鴨神社境内の雑太社(さわたしゃ)で安全祈願も行った。