京都労働局は26日、女性の働きやすさや子育て支援への積極性を評価する厚生労働省の制度「プラチナくるみん」に京都銀行を、「えるぼし」にアヤベックス(綾部市)と京都信用保証協会(京都市下京区)を認定したと発表した。

 プラチナくるみんは、子育て支援を行う「くるみん」認定企業のうち、より高い水準の取り組みを進める企業が対象。京都銀は、育児休業者向けの職場復帰の支援講座やキャリア開発支援を行ったことが評価され、「くるみん」と同時認定された。府内でプラチナくるみんに認定されたのは8社目。

 えるぼしの認定基準は、採用時の男女別競争倍率がほぼ同程度であることや女性の継続就業など5項目。アヤベックスは全項目を満たしたため最高位の「三つ星」、京都信用保証協会は「二つ星」を取得した。府内の三つ星認定は11社、二つ星認定は6社となった。