J2の京都サンガFCは26日、J1神戸のMF中坂勇哉(22)が育成型期限付き移籍で加入すると発表した。期間は2020年1月31日までで、27日からチームに合流予定。

 徳島県出身の中坂は神戸の育成組織を経て2016年にトップチームに昇格。計4シーズンでJ1リーグ27試合に出場し3得点。攻撃センスに優れ、17年にU-20日本代表に選ばれている。171センチ、68キロ。背番号は44。

 契約により、神戸と対戦する公式戦には出場できない。中坂は「J1昇格に貢献できるように全力でプレーする」とコメントした。