【資料写真】京都・南座

【資料写真】京都・南座

 26日午後2時半ごろ、京都市東山区の南座で、舞台セットの解体作業をしていた男性(40)の足に鉄板が当たり、男性が右脚の骨を折る事故があった。

 京都府警東山署によると、男性は解体作業を受託した会社の社員で、他の3人と重さ約300キロの鉄板を運んでいたという。この日は、歌舞伎俳優の中村獅童さんとバーチャルアイドルの初音ミクが共演する「超歌舞伎」公演の最終日だった。