大津地裁

大津地裁

 認知症の妻を刺殺したとして、殺人罪に問われた田部善一被告(86)の裁判員裁判の判決が22日、大津地裁であった。大西直樹裁判長は「身勝手で短絡的な犯行」とし、懲役10年(求刑懲役12年)を言い渡した。

 大西裁判長は判決理由で、田部被告は、妻みどりさん=当時(87)=が何度も朝食を探すなどした様子に、認知症の影響と知りながら怒りを爆発させ、強固な殺意を持って犯行に及んだ、と指摘。介護などで精神的な負担を蓄積していた点に「同情の余地はある」としつつ、将来の不安などから、みどりさんの老人ホームへの入所を断り続けていたとし、「被害者にとって最善策ではなく、自分の都合を優先した」と断じた。

 判決によると、昨年7月16日、滋賀県米原市の自宅で妻に激高し、包丁で首を複数回突き刺して失血死させた。