サトバ パラパラ タマキャット…何の呪文や? 念仏か?

 いえいえ、これらは家にあるものを試行錯誤して作った母のアイデア料理の名前です。食パンを焼かず生地の上にバターをこってりと塗り、グラニュー糖を真っ白になるまでまぶしたもの。砂糖とバターの頭文字を取ってサトバ。口の周りに砂糖ヒゲを蓄えながらジャリジャリとかみしめるのが病みつきます。だしが効いたふわふわの錦糸卵、千切りキュウリ、紅しょうがを炊きたての白ご飯にパラパラとかけたからパラパラ。タマキャットはタマと言う名の飼い猫を…続きはレシピ欄をご覧ください。

 それにしてもなんて単純明快なネーミング、なんて安直なレシピなんでしょう。ですが、大人になった今でも「タマキャット作って!」と母にせがむほど。あれこれ頭をひねった料理より、腑(ふ)抜けなほどに単純な方が案外いつまでも記憶に残り、無性に食べたくなるものなんですね。


◆小平泰子 こひら・やすこ 1977年京都市生まれ。旬の食材を使い、和食にとらわれず、食材の組み合わせの面白さを提案したレシピを考案。中京区烏丸三条と東京・日本橋で料理教室を開く。近著に「季節の野菜と果物でかんたんおつまみ」がある。インスタグラムはyasukokohiragokan