気鋭の筆、挑む

大賞 監物紗羅「心の音」

 京都ゆかりの若手日本画家の作品を集めた「京都 日本画新展2020」が24日、京都市下京区の美術館「えき」KYOTOで開幕する。大賞の監物(けんもつ)紗羅さんの「心(いき)の音(ね)」など40点と、推薦委員の作品7点が展示される。

 日本画を志す若手作家に活躍の場を提供する同展は、2008年度に創設。名称の変遷を経て昨年度から京都府、京都市、京都商工会議所が共催に加わり、現在の形になった。

 京滋など関西の芸術系大学教授らから推薦された若手作家が新作を出品。大賞と優秀賞2点に加え、府、市、商工会議所の各奨励賞を、京友禅の人間国宝森口邦彦さんや評論家、学芸員らで構成する審査委員が選考した。

優秀賞 池上真紀「幽幻」
優秀賞 清水葉月「間戸」
奨励賞・京都府知事賞 阿部瑞樹「ゆらめくみち」
奨励賞・京都市長賞 山本雄教「White noise」
「White noise」部分拡大
奨励賞・京都商工会議所会頭賞 森萌衣「追慕」
青野圭花「青もみじの頃」
今岡一穂「新時代」
上野モモ 「今朝の春」
大村美玲 「迎火」
合田徹郎 「霊猫/狼/インターフェース」
小林紗世子 「Sands」
鳥居結人 「傍ら」
八木佑介「共喰い」

推薦委員作品

石股昭「樹間」
雲丹亀利彦「ここにある」
大沼憲昭「定命」
川嶋渉「神泉」
菅原健彦「淡墨開花」
西久松吉雄「石塔寺」
村居正之「ロードスの遺跡」

■出品作家■
青木香織 青野圭花 阿部瑞樹 池上真紀 今岡一穂 上野モモ 及川美沙 大田実穂 大谷佳奈 大村美玲 小熊香奈子 織田沙希 菊地将宗 北川花純 北島文人 監物紗羅 高資婷 合田徹郎 後藤吉晃 小林紗世子 清水葉月 諏訪智美 滝村彩子 田中翔子 谷口歩 鳥居結人 中村七海 西田香織 丹羽優太 橋爪ちなつ 福田浩之 前川祥子 三谷佳典 峯石まどか 向井麻美 森萌衣 森桃子 森夕香 八木佑介 山本雄教

■推薦委員■
石股昭   (奈良芸術短期大教授)
雲丹亀利彦 (京都精華大教授)
大沼憲昭  (嵯峨美術大教授)
川嶋渉   (京都市立芸術大教授)
菅原健彦  (京都造形芸術大教授)
西久松吉雄 (成安造形大名誉教授)
村居正之  (大阪芸術大教授)

■審査委員■
太田垣實  (美術評論家) 
國賀由美子 (大谷大文学部教授)
野地耕一郎 (泉屋博古館分館長)
畑智子   (京都文化博物館学芸課長)
森口邦彦  (友禅作家、重要無形文化財保持者)
山田諭   (京都市美術館学芸課長)
(五十音順、敬称略)

【会期】1月24日(金)~2月3日(月) 会期中無休
【開館時間】 午前10時~午後8時(最終日は午後5時まで)入館は閉館30分前まで 入館無料
【会場】美術館「えき」KYOTO(京都市下京区、ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)
【主催】JR西日本 京都新聞
【共催】京都府 京都市 京都商工会議所
【出品者によるギャラリートーク】1月25日(土)午後2時~、29日(水)午後6時~、2月1日(土)午後2時~
【審査委員によるギャラリートーク】1月25日(土)午後6時~山田諭(京都市美術館学芸課長)▽29日(水)午後2時~太田垣實(美術評論家)▽2月2日(日)午後2時~森口邦彦(友禅作家・重要無形文化財保持者)
【問い合わせ】京都新聞COM事業局事業部 075(255)9758