【資料写真】京都府警本部

【資料写真】京都府警本部

 京都府警生活保安課と中京署は29日、賭博開帳図利の疑いで、いずれも京都市中京区壬生朱雀町、カジノ店店長の男(43)と同店従業員の男(39)を逮捕した。

 逮捕容疑は共謀し、6~8月、東山区の祇園地区にある雑居ビル5階で、計約280人の客から手数料を取り、バカラと呼ばれるカード賭博をさせた疑い。

 府警によると、店長の男は「賭博店を開いていない」と容疑を否認し、従業員の男は「ディーラーとして働いていた」と容疑を認めているという。