墳丘の斜面に葺かれた石やテラスと斜面の境目となる石などが見つかり、後円部の規模が分かった久津川車塚古墳(京都府城陽市平川)

墳丘の斜面に葺かれた石やテラスと斜面の境目となる石などが見つかり、後円部の規模が分かった久津川車塚古墳(京都府城陽市平川)

 山城地域最大の前方後円墳で国史跡の「久津川車塚古墳」(城陽市平川、全長約272メートル)の発掘調査を進めている市教育委員会は28日、後円部下段の直径が約110メートルあることなど、後円部の規模が初めて分かった、と発表した。

 史跡整備に向けた調査で、2014年度から行っている。今回は後円部の北東から西にかけて約70平方メートルを調べた。3段構造の墳丘のうち、後円部の斜面やテラス(平坦部)を調べて、斜面とテラスの境目となる石などを確認し、直径や中段と下段のテラスの幅などを割り出した。

 古墳の主軸上に当たる後円部真北の斜面では、斜面を縦に区切る石の列も見つかり、築造時に軸を意識して作業していた可能性が考えられるという。

 調査を指導する大阪市立大の岸本直文教授(考古学)は「久津川車塚古墳は大阪府羽曳野市の応神天皇陵古墳をモデルに造ったと考えられている。大きな古墳が地方に伝わった際に、どのようなサイズになるかを知る貴重な史料だ」と話す。

 31日午後1時から現地説明会がある。小雨決行。車での来場は不可。近鉄久津川駅から徒歩約10分。問い合わせは市教委文化・スポーツ推進課0774(56)4049。