大嘗祭の舞装束を紹介する展示(京都市中京区・京都市平安京創生館)

大嘗祭の舞装束を紹介する展示(京都市中京区・京都市平安京創生館)

 皇位継承の重要儀式・大嘗祭(だいじょうさい)の舞装束を紹介する企画展「めでたき舞-御即位によせて-」が、京都市中京区の京都アスニー1階平安京創生館で開かれている。

 展示では、平成の大嘗祭後の祝宴「大饗」で披露された2つの舞を紹介。鳳凰(ほうおう)の舞を表現した「舞楽(ぶがく)・萬歳楽(まんざいらく)」と、大正天皇即位の大嘗祭以降に再興された「五節舞姫(ごせちまいひめ)」の歴史や装束をわかりやすく解説している。

 会場ではパネル展「平安貴族と年中行事」も同時開催。政治から仏事、民間習俗に至るまで、平安時代に内裏などで行われた行事を暦と共に伝えている。12月1日まで。午前10時~午後5時。火曜休み。無料。