野球選手と共作した絵本作品などが並ぶ「振り続ける展」(木津川市・精華町、けいはんなオープンイノベーションセンター)

野球選手と共作した絵本作品などが並ぶ「振り続ける展」(木津川市・精華町、けいはんなオープンイノベーションセンター)

 プロ野球選手とクリエイターによるアート展が、けいはんなオープンイノベーションセンター(京都府木津川市・精華町)で開かれている。横浜DeNAの関根大気選手と共作した絵本作品などが展示され、「スポーツ×アート」の可能性を感じさせる。26日まで。
 
 「振り続ける」展と名付け、絵本アニメ制作に取り組む精華町の2人組「twotwotwo(ににに)」が企画した。つながりを得た関根選手との絵本3作品のほか、試合で着用したユニホームやバットなども展示している。会場では、野球選手のイラストを組み合わせる絵本作りの講座も開催。にににが制作したミュージックビデオや、交流があるお笑い芸人で漫画家の矢部太郎さんの作品を紹介するコーナーもある。
 
 にににの芦田忠弘さん(39)は「野球選手とクリエイターで『挑戦』について表現した。(作品が)挑戦するすべての人にとって、明日の活力や夢を持つきっかけになれば」と話していた。
 午前11時から午後5時まで。入場無料。26日は関根選手の対談や音楽ライブがある。