初のブレンデッドモルトウイスキーを手にする清井さん(長浜市朝日町・長浜浪漫ビール)

初のブレンデッドモルトウイスキーを手にする清井さん(長浜市朝日町・長浜浪漫ビール)

 滋賀県長浜市朝日町で地ビールの製造・販売やレストラン運営を手掛ける長浜浪漫(ろまん)ビールが、同社初のブレンデッドモルトウイスキー「AMAHAGAN(アマハガン)」を売り出した。

 同社は2016年11月、ビール製造工程を応用したウイスキー製造の「長濱(ながはま)蒸留所」を開設。2020年販売を目標に原酒をたるに仕込んで熟成中で、蒸留したばかりの原酒は「ニューメイク」として店内や量販店で販売している。

 新商品は、海外のモルトウイスキーをベースに、同蒸留所の原酒をブレンドし、アルコール度数は47度と高めにした。製造責任者兼マスターブレンダーの清井崇さん(46)は「麦芽の香りと、オレンジチョコレートを連想させるフルーティーさが絡み合い、全体をバニラの甘い香りが包み込むようなまろやかな風味に仕上げた」と話す。商品名は「長浜」のローマ字表記を逆さ読みにした。

 700ミリリットル入りで、参考小売価格は4900円(税別)。約3千本を生産し、同社レストランのほか、県内外の酒販店で販売している。