<旬の献立を探しに 小平泰子>

 生麩は2種使いましたが1種だけでも。九条ねぎは多少シャキシャキした歯ごたえが残る程度に火を入れる方がおいしいです。焦がさないよう注意を。 


【材料】(2人分)

九条ねぎ    1本
生麩(なまふ)(よもぎ麩と粟(あわ)麩を使用)    100グラム
バター    大さじ2
濃口しょうゆ    小さじ1/2


【作り方】

(1)九条ねぎは斜めに1センチの幅に切る。生麩は食べやすい大きさに切る。
(2)フライパンにバターを入れて火にかけ、溶けたら生麩を入れて両面こんがりと焼く。
(3)九条ねぎを加えて軽くしんなりしたら濃口しょうゆを注いで手早く絡め、器に盛る。


◆小平泰子 こひら・やすこ 1977年京都市生まれ。旬の食材を使い、和食にとらわれず、食材の組み合わせの面白さを提案したレシピを考案。中京区烏丸三条と東京・日本橋で料理教室を開く。近著に「季節の野菜と果物でかんたんおつまみ」がある。インスタグラムはyasukokohiragokan